四万十市立図書館本館

四万十市立図書館本館 館内写真

開館時間 午前9時〜午後7時
休館日 館内整理日(毎月末金曜日)・年末年始・蔵書点検期間

〒787‐8501 
高知県四万十市中村大橋通4丁目10(四万十市役所2階)
電話 0880‐35‐2923
FAX 0880‐35‐2960

 約140,000冊
雑誌  140誌
新聞  20紙
座席数  127席
                   (H29年4月1日現在)

四万十市立図書館本館 四万十市立図書館本館

沿革
 明治39年  4月 「幡多文庫」を中村小学校内に設置。
 大正4年  4月 「幡多図書館」と改称。旧塩務局跡へ移転。
 大正13年  4月 幡多教育委員会より図書館の寄附を受け「中村町立図書館」とする。
 昭和4年  2月 優良図書館として文部省より表彰される。
 昭和10年 8月 大洪水のため図書多数被害を受ける。
 昭和21年12月 南海大震災のため、仮館舎(町営公益質屋倉庫)が倒壊して蔵書は大被害を受け以後休館。
 昭和23年 4月 町営本町寮二階(現本町3丁目)を仮館舎として再開する。
 昭和29年  3月 市制施行とともに「中村市立図書館」となる。
 昭和30年12月 子供読書室を開設する。
 昭和31年 1月 開架式閲覧方式を開始する。
 昭和41年11月 小・中学校読書感想文コンクールを開始する。
 昭和44年 9月 中村大橋通4-10へ新館落成する。
 昭和44年11月 「中村市史」(正編)を出版する。
 昭和45年 4月 郷土資料展示室を開室する。
 昭和49年10月 「幡多史料を探る会」の発足により事務局となる。
 昭和50年 4月 坂本清馬蔵書を寄託され、のちに「坂本文庫」開設。
 昭和59年 4月 「中村市史」続編を出版する。
 平成4年 11月 国際ソロプチミスト幡多文庫開設(以後、毎年大活字本の寄贈を受ける)
 平成17年 4月 四万十市発足により「四万十市立図書館」となる。
 平成22年 7月 図書館新館がオープン。管理運営システム稼働。
 平成26年 5月 指定管理者制度導入検討を開始。
 平成28年 4月 株式会社図書館流通センターが図書館指定管理者となる。毎週月曜日・祝日を開館とする。本館開館時間を19時までとし、1時間延長する。


  四万十市立西土佐分館

四万十市立西土佐分館 館内写真

開館時間 午前10時〜午後6時
休館日 館内整理日(毎月末金曜日)・年末年始・蔵書点検期間

〒787‐8501 
高知県四万十市西土佐江川ア2445‐2(西土佐総合支所1階)
電話 0880‐52-1111
FAX 0880‐52‐2888

 約12,000冊
雑誌  33誌
座席数  20席
                   (H29年4月1日現在)

四万十市立西土佐分館 館内写真 四万十市立西土佐分館 館内写真

沿革
 昭和46年 3月 公民館図書室開設。
 平成12年 4月 土・日曜日の図書支援員を配置(高知県少子化対策事業)。
 平成21年 9月 「子どもの読書活動支援員」を配置(高知県緊急雇用対策事業)。
 平成22年 6月 公民館図書室2階に一般向け図書室開設。
 平成24年 9月 西土佐総合支所庁舎建替えに伴う分館整備。
 平成26年 5月 西土佐総合支所 新庁舎完成。
 平成26年 7月 四万十市立図書館 西土佐分館オープン・
 平成28年 4月 株式会社図書館流通センターが指定管理者となる。



 ▲ サイトの運営について     Copyright(C) Shimanto City Library All Rights Reserved.