四万十市民大学
 

四万十市民大学のご案内

 第32回四万十市民大学を下記の通り開催されました。


 日(水)

菊地 幸夫 さん

菊地 幸夫 さん
 
テーマ:
「仕事も家庭も一生懸命!〜出会いの人生から学んだこと〜」
 

■ 弁護士


 中央大学法学部卒業。元司法研修所刑事弁護教官。現在、社会福祉法人練馬区社会福祉事業団理事も務める。また、日本テレビ「行列のできる法律相談所」及び「爽快情報バラエティースッキリ!!」にレギュラーとして出演。
 弁護士業務の傍ら体力作りにも勤しみ、各地のトライアスロン大会へも出場。地元小学生のバレーボールチームの監督等も務めている。

 24日(土)

山沖 之彦 さん

三屋 裕子 さん
 
テーマ:
「三屋裕子の健康寺子屋」
 

■ スポーツプロデューサー


 福井県勝山市出身。筑波大在学中にユニバーシアードに3回出場し、その活躍が認められ、1979年全日本入り。1981年名門日立に入社。
 さわやかな笑顔と高さのあるシャープな攻撃で、1981年東京ワールドカップで人気沸騰、女子バレーブームに火をつけた。ロサンゼルス五輪で銅メダル獲得。その後、教職の道に転身。2008年からは三屋スポーツラボを主宰。
 現在は、バレーボール教室の開催、講演会やテレビ、ラジオ等で活躍。TBSテレビ「みのもんたの朝ズバッ」に出演中。


 28日(水)

村上 信夫 さん

村上 信夫 さん
 
テーマ:
「ことばのビタミン」
 

■ 元NHKエグゼクティブアナウンサー


 2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。
 現在は、全国を回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00〜)、ABCラジオ『osaka歴史ロマン』(毎週日曜8:25〜)、月刊『清流』連載対談〜ときめきトークなどで、新たな境地を開いている。
大阪で『ことば磨き塾』主宰。

 日(水)

柳田 邦男 さん

柳田 邦男 さん
 
テーマ:
「大人の気づき、子どもの成長」
 

■ ノンフィクション作家


 1936年栃木県生まれ。人生後半になって、絵本に秘められた深い文学性・芸術性を再発見して以来「大人こそ絵本を」「絵本は人生に三度」「ケータイより絵本を」「絵本は心育てのバイブル」等のキャッチフレーズを創作して、エッセイや全国各地への講演行脚で語りかけ続けている。
 また、いのち、生き方を考える絵本の翻訳や、現代社会の問題をえぐるノンフィクション分野の仕事にも精力を注いでいる。


 11日(水)

佐高 信 さん

佐高 信 さん
 
テーマ:
「幸徳秋水における忠誠と反逆」
 

■ 評論家


 1945年(昭和20年)山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部卒。郷里の高校教師、経済誌編集者を経て、現在、評論家として活躍中。憲法行脚の会呼びかけ人。
 著書に『抵抗人名録私が選んだ77人』、『原発文化人50人斬り』。共著に『世代を超えて語り継ぎたい戦争文学』、『左翼・右翼が分かる!』など多数。

 


チラシ表面 チラシ裏面
拡大 拡大


講演日時

 8月7日(水)・24日(土)・28日(水) 9月4日(水)・11日(水) 19時〜20時30分(開場18時30分)

場  所
 8/7 西土佐ふれあいホール  8/24以降 市立中央公民館 2階 大ホール
受講料
 ◎連続受講券(5日間)
  一般・・・・・・・1,500円
  60歳以上・高校生・障害者手帳所持者・・・1,000円
 ◎1日受講券・・・・・500円
 〔販売所〕
   市立中央公民館・市立図書館・市立文化センター・(市)市民課・(総合支所)市民課分室・(教委)西土佐事務所
託  児  3歳児〜小学3年生まで   *1週間前までに予約が必要です。

送迎バス

 西土佐 ⇔ 中村  *1週間前までに予約が必要です。
手話または
要約筆記
 日により異なります
主  催  四万十市・四万十市教育委員会
後  援  高知新聞社・朝日新聞高知総局・毎日新聞高知支局・読売新聞高知支局・産経新聞社高知支局・
 日本経済新聞社高知支局・NHK高知放送局 RKC高知放送・KUTVテレビ高知・KSSさんさんテレビ・エフエム高知
問い合わせ
申し込み先
 四万十市教育委員会 生涯学習課  電話:0880(34)7311


戻る