四万十市民大学
 

第29回四万十市民大学のご案内

 今年は、「龍馬伝」の年でもあります。また、「坂の上の雲」も3年連続で放送されています。興味深い歴史の話などに耳を傾け、「いま」を一緒に考えてみませんか。ぜひご来場いただきますようご案内します。


 30日(金)

三瀬 顯(俗称 みせけん)さん

うめだ  ようこ
梅田 陽子 さん
 
テーマ:
かんたん!すっきり!いきいき体操

■健康運動指導士
  『心身一如』の視点で、健康づくりを心と身体の両面から
捉え、メタボリックシンドローム・生活習慣病の予防、メンタルヘルス、介護予防など、健康保持増進のためのプログラム
開発・研究、企業・団体・医療機関などでの講演・指導・企画、
スポーツメンタルトレーニング、カウンセリングを行っている。日本体育大学女子短期大学卒(体育学)

・京都大学医学部付属病院リハビリテーション部 健康運動
 指導士 ほか
・第1回、第2回フィットネス実践指導者報告会 優秀報告賞
 受賞

 日(水)
吉田 俊道 さん おみの  きよあき
小美濃 清明 さん
 

テーマ:
坂本龍馬の刀剣趣味
―樋口真吉と左行秀(さのゆきひで)


■坂本龍馬研究家
 1943年 東京生まれ。
『坂本龍馬全集』を編集・解説した宮地佐一郎に師事して龍馬研究に導かれる。家業が刀剣研師であったので、宮内庁御物御剣掛・吉川賢太郎より日本刀剣史を学ぶ。

著書:『坂本龍馬と刀剣』『坂本龍馬・青春時代』『坂本龍馬と
    竹島開拓』新人物往来社が三部作。
    『龍馬八十八話』右文書院が2010年6月刊行。
共著:『龍馬の世界認識』藤原書店
監修:『坂本龍馬地図帳』人文社、
    『龍馬旅』交通タイムズ社

   
 18日(水)

田中 伸尚 さん


ピーター・フランクル さん

 
テーマ:
日本女性世界へ羽ばたけ

■数学者・大道芸人
 1953年 ハンガリー生まれ
 1971年 国際数学オリンピック金メダル
 1978年 サーカス芸人国家試験合格
 1979年 フランスに亡命
 1988年〜日本在住
・ ハンガリーの最高科学研究機関であるハンガリー学士院の
 メンバー。
・ 日本ジャグリング協会名誉理事

「祖国ハンガリーは、男女平等に非常に力を入れ、一流大学・医者・弁護士等で女性の割合は50%前後を占める。日本で
男女の格差があることには疑問を感じている。・・・」

 26日(木)

立川 らく朝 さん

とみなが みき
富永 美樹 さん

 
テーマ:
愉しみながら素敵な毎日を送るために

■フリーアナウンサー
 千葉県出身。東京外国語大学スペイン語学科卒業。1994年フジテレビ入社。「スーパータイム」「笑っていいとも!」「めざましテレビ」「FNNスーパーニュース」など数多くの人気番組を担当。1998年人気バンド"シャ乱Q"のドラムス・まこと氏との結婚を機に退社。
 現在はフリーアナウンサーとして、TBS「はなまるマーケット」やラジオ「服部幸應WELL TASTE」にレギュラー出演する他、夫婦そろって自転車やキャンプ等アウトドアが大好きで、雑誌「ガルヴィ」(実業之日本社)では二人交代で連載を担当している。
   
 日(土)

大高 未貴 さん

なかむら まさのり
中村 政則 さん

 

テーマ:
  「坂の上の雲」と幸徳秋水
    ―司馬史観を問う―


■一橋大学名誉教授
 歴史家。日本近現代史研究。1935年、東京生まれ。一橋大学卒。大逆事件、日韓併合から今年で100年。幕末・明治維新から現代まで、日本がたどった道を鋭く問い続けている。

主な著作:
 『「坂の上の雲」と司馬史観』、『日本近代と民衆』、
 『昭和の恐慌』、『明治維新と戦後改革』、
 『昭和の記憶を掘り起こす
   ―沖縄、満州、ヒロシマ、ナガサキの極限状況』、
  『象徴天皇制への道』、『戦後史』

 

チラシ
拡大

講演日時
 平成22年7月30日(金)から9月4日(土)まで 
  ■ 講演時間 19時〜20時30分
場  所
 市立中央公民館 2階大ホール
受講料
 ◎ 連続(回数)受講券(5日間)
   一般・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1,500円
   60歳以上の方・高校生・身体障害者手帳お持ちの方 ・・・・・・・・・・・1,000円

 ◎ 特別受講券(1日のみ)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 500円

 受講券の購入は (市)中央公民館、(市)市民課、(市)西土佐総合支所住民課 まで
託  児  事前予約が必要です。(3歳以上小学3年生まで)
手話または
要約筆記
 日により異なります
問い合わせ先  四万十市教育委員会 生涯学習課
 電話:(34)7311
主  催  四万十市・四万十市教育委員会
後  援  高知新聞社、朝日新聞高知総局、毎日新聞高知支局、読売新聞高知支局、産経新聞社高知支局、
 日本経済新聞社高知支局、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、エフエム高知


戻る