四万十市民大学
 

四万十市民大学


 第24回四万十市民大学次のとおり開催いたします。
今年も各界でご活躍の方々を講師にお招きしておりますので、多数の皆様のご参加を
お待ちしています。

 四万十市では「いつでも、どこでも、だれでもが」をスローガンに各種講座、学級などを開設し、皆様が目的を持って学び、楽しみ、喜びを得る機会を設け、「生涯学習社会」の実現をめざして 積極的に取り組んでいるところです。

 第1講座 19日(金)

森崎 東 さん

もりさき  あずま
森崎 東 さん

 (映画監督)
ニワトリはハダシだ。
   映画は出会いだ。

 昭和2年11月19日生まれ。長野県出身。昭和31年松竹京都撮影所に演出助手として入社、同40年大船撮影所へ移籍、同41年脚本部へ転籍。同44年「喜劇・女は度胸」で監督となる。同50年よりフリー。主な作品は、「喜劇 女は男のふるさとョ」「時代屋の女房」「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」「塀の中の懲りない面々」「ラブ・レター」等。映画「ニワトリはハダシだ」は、24作目の監督作品で、この作品により今年3月に芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。
 第2講座 25日(木)
遥 洋子 さん はるか ようこ
遥 洋子 さん
 タレント・作家
働く女は敵ばかり

 大阪府出身。1986年、読売テレビ「ときめきタイムリー」で上岡龍太郎氏と共に司会を務め、本格的なタレント活動を開始。タレント活動を続けるかたわら、1997年から3年間、東京大学・上野千鶴子教授のもとで、フェミニズム社会学を師事。その集大成として著した『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』がベストセラーになる。自分の生き方、あり方についての考え方には、誰にも負けないパワーと説得力があり、持ち前の大阪弁を生かした喋りでおなじみのタレント、そして作家である。
   
 第3講座 日(日)
竹熊 宜孝 さん たけくま  よしたか
竹熊 宜孝 さん
 医師
いのち一番
〜医と食と農の視点より〜

 熊本県生まれ。熊本大学医学部及び同大学院卒。同大学講師を経て、昭和50年より公立菊池養生園診療所所長。食生活を見直すことを医療の大前提とするという診療方針を立て、医と食と農の連携した日常の診療活動を続けるかたわら、養生説法、講演に活躍。熊本弁のユーモアあふれる話術は評判を呼び、養生園には全国から多くの人が訪れている。平成12年からは公立菊池養生園名誉園長。愛称はクマさん。
 第4講座 15日(木)
山岡 千枝子 さん やまおか ちえこ
山岡 千枝子 さん
 作家・随筆家
「一粒の砂」小説と事実

 本名岡上千枝子。大阪市生まれ。高知市在住。昭和29年高知県立中村高校卒業。高知ペンクラブ会員。昭和60年、「檻の中」で高知県芸術祭文化賞受賞。平成6年、小説「ねの首岬」で第28回椋庵文学賞受賞。その後、7年の歳月をかけて、幸徳秋水の母、多治子の生涯を描いた小説「一粒の砂」を執筆。平成16年、その「一粒の砂」で第49回高知県出版文化賞を受賞した。
  

講演日時
 平成17年8月19日(金)から9月15日(木)まで 午後7時30分〜午後9時
会  場
 四万十市中央公民館
受講料
連続受講券
 1,500円
連続受講割引券  1,000円 ※
特別受講券
(1回限り)
  500円
 (※ 割引の対象者は、60歳以上の方、高校生、身体障害手帳所持者です。)
問い合わせ先  四万十市教育委員会 生涯学習課
 電話:(34)7311
主  催  四万十市・四万十市教育委員会
後  援  高知新聞社、朝日新聞高知支局、毎日新聞高知支局、読売新聞高知支局、産経新聞高知支局、日本経済新聞高知支局、NHK高知放送局、RKC高知放送、KUTVテレビ高知、KSSさんさんテレビ、エフエム高知

戻る