埋蔵文化財とは

埋蔵文化財とは

埋蔵文化財とは、地中及び、現在人間の手で直接触れることのできない場所にある文化財のことです。具体的には、人間が手を加えたり、作ったりした土器や石器といった『遺物』や、人間が建てた住居や柱の跡などの『遺構』がこれにあたります。また、こうした埋蔵文化財があることが明らかである一定のエリアを『埋蔵文化財埋蔵地』と呼んでいます。

>>四万十市の遺跡(埋蔵文化財)のリスト

1 埋蔵文化財の所在の有無についての照会

工事が計画された場合、可能な限り早い段階で『埋蔵文化財の所在の有無及びその取扱いについて(照会)』の文書を提出し、工事予定地内の埋蔵文化財の所在について照会してください。用紙は教育委員会生涯学習課で配布しています。
照会は四万十市教育委員会を経由して高知県教育委員会教育長あてに提出されます。

2 照会についての回答

県教育長から1の照会について、埋蔵文化財の有無および取扱いについての回答があります。工事予定地内に埋蔵文化財が存在する場合は必要に応じて試掘確認調査、立会調査等が実施されます。この回答にて埋蔵文化財が無いと回答された場合は工事着工できます。
なお、試掘確認調査が必要な場合、その費用を市教育委員会で負担できる場合があります。
※ 試掘調査実施にあたっては以下の書類を県教育長宛に各1部を提出してください。

  • 発掘調査承諾書  試掘確認調査について地権者の承諾を得たもの
  • 同意書  調査によって出土する遺物についてその権利を放棄することに同意するもの

3 発掘の届出の提出

埋蔵文化財埋蔵地の範囲内で建築・土木工事を行おうとする場合は、『埋蔵文化財発掘の届出』を提出していただきます。(盛土等の掘削行為を伴わない工事についても届出は必要です)。これは発掘調査の要・不要にかかわらず、工事に着手する60日前までに四万十市教育委員会をへて、高知県教育委員会に届け出なければなりません。
発掘届出書の様式は生涯学習課社会教育振興係にありますので、必要事項を記入のうえ、必要書類を添えて、同係へ2部提出してください。
なお、工事予定地が埋蔵文化財埋蔵地の照合、文化財に関わる手続きの流れなどにつきましては、計画の早い段階で四万十市教育委員会生涯学習課 社会教育振興係(中央公民館内)までお問い合わせください。

4 保存措置

遺跡が所在する土地で土木工事を行う場合、遺跡保存措置が必要となります。保存方法には、大まかに以下の3通りが挙げられます。

  • 現状保存 現況のまま遺跡を残す
  • 保護層の確保 一定の厚さ(約30p)の保護層下に遺跡を残す
  • 記録保存 本格的な発掘調査等により遺跡の記録や出土遺物を残す

遺跡を後世に伝えるという観点からは「現状保存」あるいは「保護層の確保」が望ましいのですが、やむを得ず遺跡が失われる場合には、着工前に発掘調査による記録保存を行うこととなります。保存方法は、遺跡の状況や工事計画に応じて協議によって決めていくことになります。

5 発掘調査の届出の回答

県教育長より3の届出の回答があります。回答は以下の3通りです。

  • 慎重工事 埋蔵文化財に影響のないよう慎重に工事に着工していただいて結構ですす。
  • 立会調査 工事にて掘削を行うときに教育委員会職員が立ち会います。掘削時に埋蔵文化財が発見された場合は所定の調査を行います。
  • 本発掘調査 記録保存のための発掘調査を行います。

なお、発掘調査には現地での発掘調査の他に、遺物等の整理、報告書の刊行までが含まれます。記録保存に伴う発掘調査では、原則として埋蔵文化財が失われる原因となる事業を行う方に費用を負担していただいております。調査の期間や費用、担当機関等の調査計画等は事業者と市教育委員会との間で十分協議したうえで決定いたします。
工事の着手は、県教育委員会が発掘調査の終了を確認した後となります。また、調査記録や出土遺物は四万十市教育委員会が社会教育資料として保管いたします。

6 工事中に遺跡が発見された場合

遺跡は地下に埋もれているという性質上、事前の確認が困難であり土木工事等に伴い不意に発見されることがあります。文化財保護法では、遺跡を発見した場合、速やかに県教育委員会教育長に届出ることを定めています。
遺跡と思われるものの確認や取扱いや書類等については市教育委員会で行っておりますのでご連絡ください。