四万十市史跡めぐり
為松城跡
為松城跡

城跡のこのあたりは為松城の詰(本丸)とよばれ、約800平方米(240坪)の広さであったようです。
この詰につづき8区画で城を形成していました。
城主とされる為松(たんまつ)氏は、この地方の有力な豪族(国人(こくじん))の出ですが、一条氏の入国以来家臣となっています。
しかし、16世紀後半の一条政権滅亡とともに所領を失い、歴史から姿を消しました。
現在、この碑の左手50mの地点に土塁の一部が残っています。

現在はこのあたりに郷土資料館が建っています。


地図に戻る
戻る