四万十市史跡めぐり
たて町跡
たて町跡 たて町跡

長宗我部氏の地検帳によると、「たて町」は一条時代、長宗我部時代を 通じて町を南北に貫く主要街路でした。一条家の「土居」(政庁)から 北へ行く約150mのこの通りは、藍屋、紺屋など商家が侍の屋敷に混在 して、後代の繁華な中心街の原形を示しています。
江戸時代の初期に、たて町は「本町」と変わり、長さ七十二間(約130m) の町筋と記録されています。


地図に戻る
戻る