四万十市史跡めぐり
一條教房の墓

前関白一條教房、贈り名を妙華寺殿(みょうげじどの)といいます。 父は摂政、関白、太政大臣を歴任した一條兼良、母は中納言藤原宣俊 の女。応仁の乱(1467年〜)を逃れ、家領幡多ノ庄の回復を目指して翌年京都から中村へ下向しました。文明12(1480)年10月5日58歳にて没。在13年間の内に荘園の復活、土佐一條家を興し、中村を 土佐の中心的商都として建設した功績は大きいものでした。 教房の菩提寺である妙華寺は、ほぼ現在の中村高校正門附近にあったと 推測されます。

一條教房の墓
一條教房の墓 一條教房の墓

地図に戻る
戻る