四万十市史跡めぐり
木戸 明邸跡
木戸 明邸跡 木戸 明邸跡

木戸 明は天保5(1834)年6月、幡多屈指の資産家吸田家の 3代目廣之助の子としてこの地に産まれました。嘉永4(1851)年、学問の道を志して京へのぼり、帰郷後游焉塾 (ゆうえんじゅく)を開いています。その後、中村尋常中学校の開校と 共に招かれ、ついでに高知中学校、第四中学中村分校の教職の間も游焉塾 を続け、多くの人材を輩出しました。教職に精進すること50年、 大正5(1916)年9月13日、多大な功績を残して83歳の生涯を 終わりました。


地図に戻る
戻る