四万十市史跡めぐり
引土船戸(ひきつちふなと)
引土船戸(ひきつちふなと) 引土船戸(ひきつちふなと)

江戸時代までは、中村の町と周辺の村をつなぐ交通手段はほとんどが 川船でした。「引土船戸」と呼ばれたこの場所は、いわば町の北の玄関 にあたります。「ひきつち」とは造成した土地のことです。上谷と下谷 の間にせり出した山の先端部にひらけたこの辺は、船蔵が建ち、人家が 密集し、長宗我部時代には重臣の桑名弥次兵衛も近くに住んでいました。 現在この辺は往時と比べて、地形が著しく変化しています。


地図に戻る
戻る