四万十市史跡めぐり
土佐一條家土居跡
土佐一条家土居跡 土佐一条家土居跡

長宗我部地検帳によると、土佐一條家の「土居」(政庁)は 愛宕山西麓に約7000uの面積で、愛宕山南端から北端に至る 一帯を占めていたと考えられます。西隣に一條氏私邸「御北屋敷」 、背後の山上に「維摩堂」、北隣に「真蔵院」があり、北と東に 堀があったようです。  天正2(1574)年一條家退去の後、土居は長宗我部家臣の 岩崎佐渡の居住となり、更に江戸時代初期、土居は取り壊され 上級武士達の屋敷となりました。


地図に戻る
戻る