四万十市史跡めぐり
中村城跡
中村城跡 中村城跡

中村城跡とは、為松山頂にあった4つの城群、即ち東ノ城、為松城、(本丸)、今城の総称で、連立式の城郭であったと考えられています。
ここに残っている石垣は、昭和40年に発見されたもので、山内2万石2代藩主山内政豊(別名良豊)時代の慶長18(1613)年、新たに中村城として修復された時のものだと思われます。
この城の詳細は不明ですが、翌々年の元和元(1615)年の一国一城令により廃城となり、以後修復されることはありませんでした。


地図に戻る
戻る