四万十市史跡めぐり
中村貝塚
中村貝塚

昭和40年、この場所の地下5m〜6mの地点から多数の土器・石器・貝殻などが発見されました。
これは縄文時代晩期(約2500年前)の貝塚で、県下有数の規模のものです。
土器は、九州や瀬戸内地方で出土しているものと同じものが多く見られ、当時の交流の様子をうかがうことができます。
また、カキやハマグリなど海でとれる貝殻が多数出土しており、当時はこの近くまで海水が浸入していたと思われます。

これらの出土品は市の文化財に指定され、郷土資料館に展示されています。


地図に戻る
戻る