四万十市史跡めぐり
中村城跡詰めの石垣復元地
中村城跡詰めの石垣復元地
中村城跡詰めの石垣復元地

 昭和58年に、中村城跡の一部が発掘調査され、(本丸)の西端部に状(建物を建てるための壇)地形と、その南側と北側に石垣が発見されました。
 宅地開発により基壇状地形はなくなりましたが、石垣はその一部が保存され、ここに移設、復元されました。
 中村城の連立式城郭の一部を形成していたと思われるこの石垣は、素朴な様式で、16世紀後半の築造と推定されています。
 石垣の上の基壇には瓦葺の建築物が建っていたと思われます。

 


地図に戻る
戻る