四万十市史跡めぐり
東ノ城跡
東ノ城跡

この城跡は中村城跡の城群の一つで、一条氏一門の西小路氏の持城と考えられています。
城は二区画に分かれていて、面積は約200平方米(約60坪)程度であったと思われます。
16世紀後半に一条政権が滅び、西小路氏も中村を退去すると、城は荒廃し、山畠となりました。
現在は地形が変化し、かつての城の面影はほとんどありませんが、わずかに土塁の一部が残っています。


地図に戻る
戻る