四万十市観光スポット
 トンボ自然公園
トンボ自然館 トンボ自然館
トンボ自然館
トンボ自然館

四万十市内田黒池田谷にあり、木々の緑と四季の花々に抱かれた園内には遊歩道が設けられ、一年を通じて74種類のトンボを見ることができます。

四万十市では、これまでに83種類のトンボが見つかっています。
中でも「生きている化石」として 名高いムカシトンボや、全国的に珍しいヒメサナエなど流水性種の個体数が多いことは特筆出来ます。
また、世界初のトンボ保護区「中村市トンボ自然公園」では、これまでに74種が見つかっていて、 同規模面積の環境としては種類密度日本一を誇っています。
ここでは夏の黄昏時に、稀種ネアカヨシヤンマの群飛も観察することが出来ます。

また、世界のトンボと出会うことのできる「トンボ自然館」もあります。

とんぼ自然公園 ホームページ

※ アクセス時間 中村駅より車で15分
※ お問い合わせ トンボ自然館(AM9:00〜PM5:00)Tel:(0880)37−4110

[ 広報部取材記事 ]
 2004/5/21 メダカかなぁ? 〜具同小学校トンボ自然公園体験学習〜
 2004/5/26 トンボ公園清掃作業 大川筋中学校体験学習
 2005/4/29 第1回全日本メダカ釣り大会  −トンボ王国20周年記念イベント−
 2006/11/15 お気に入りのトンボはどれかな? 第20回全日本フォトコンテスト
 2010/03/28 トンボ自然公園がリニューアル!

園内に咲くあやめ
園内に咲くあやめ
 
トンボのシンボル
トンボのシンボル
園内の池
園内の池
ハスの花
園内に咲くハスの花
スイレン池とチョウトンボ
スイレン池とチョウトンボ

トンボ王国
 トンボ王国は1985年夏WWF.Japan(世界自然保護基金日本委員会)による用地取得をきっかけとしてスタートし、社団法人・トンボと自然を考える会がWWF.Jや行政機関、地元企業、各種団体からの支援を受けながら主としてナショナルトラスト方式で維持拡張を進めています。

画面を閉じる