「四万十市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」並びに「四万十市まち・ひと・しごと創生総合戦略」


 本市では、少子高齢化の進展に的確に対応し、人口減少に歯止めをかけるとともに、地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある、魅力あふれる地域社会を創生するために、平成26年11月21日に成立した「まち・ひと・しごと創生法」に基づき「四万十市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」並びに「四万十市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を平成27年10月に策定しました。

 「四万十市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン」は、本市の人口動態の現状や地域特性等を整理・分析し、人口の現状と将来の姿を示して、人口減少をめぐる諸問題に関する認識を市民と共有するとともに、今後の目指すべき四万十市の戦略人口を定めています。



 「四万十市まち・ひと・しごと創生総合戦略」は、本市の実情や課題を踏まえ、直面する人口減少・超高齢化の進展に的確に対応して、人口減少に歯止めをかけるとともに、地域経済縮小を克服するために、重点的かつ優先的に取り組むべき今後5か年の目標や施策の基本的方向、具体的な施策や事業などを、以下の基本目標に沿って取りまとめました。

 基本目標1 「地産外商により安定した雇用を創出する」
 基本目標2 「新しい人の流れをつくる」
 基本目標3 「若い世代の結婚・妊娠・出産・子育ての希望をかなえる」
 基本目標4 「地域に合った小さな拠点をつくり、まちとの連携により市民のくらしを守る」



  ダウンロード
 

四万十市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン

 四万十市まち・ひと・しごと創生人口ビジョン.pdf
 

四万十市まち・ひと・しごと創生総合戦略

 四万十市まち・ひと・しごと創生総合戦略.pdf




  「四万十市まち・ひと・しごと創生総合戦略」の検証結果について

 本市では、平成27年10月に「四万十市まち・ひと・しごと総合戦略」を策定しましたが、この総合戦略の策定に先行して、総合戦略に位置づけられる見込みで、しごとづくりなど地方が直面する構造的な課題に対する取り組みの事業として、地方創生の交付金を活用して実施しました。
 総合戦略の着実な推進のために、事業の評価検証を行いましたので公表いたします。

 

地方創生先行型交付金事業の検証結果

 基本目標1(産振計画AP進捗管理シート)
 

地方創生先行型交付金事業の検証結果

 基本目標1(総合戦略進捗管理シート)
 

地方創生先行型交付金事業の検証結果

 基本目標1(総合戦略進捗管理シート)
 

地方創生先行型交付金事業の検証結果

 基本目標1(総合戦略進捗管理シート)


  - back - 休日当番医・日直指定水道業者