新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
54 / 2641 ツリー ←次へ | 前へ→

市長メッセージ「大方四万十道路」の新規事業採択時評価手続きの着手によせて まちづくり課 19/3/1(金) 16:33 その他情報

市長メッセージ「大方四万十道路」の新規事業採択...
その他情報  まちづくり課 E-MAIL  - 19/3/1(金) 16:33 -
  
本日、本市にとって大変うれしい発表がありました。

平成29年1月に都市計画決定された四国横断自動車道佐賀〜四万十(約22km)に関し、平成29年度に佐賀大方道路(黒潮佐賀IC~黒潮大方IC間 約14km)が事業化されたことに引き続き、残る黒潮大方IC~四万十IC間(約8km)について、国土交通省より、平成31年度予算に向けた道路事業の新規事業採択時評価の手続きに着手したことが発表されたところです。

今後、国土交通省での審議などを含め、まだ、いくつかの手続きを経なければなりませんが、私としましては、事業化に向けた大きな一歩だと考えております。

国土交通省、高知県をはじめとする関係機関のご尽力に深く感謝申し上げるとともに、地域の実情を訴えて頂いた市民や関係団体の皆様、そして四国横断自動車道の早期整備に御支援いただいております国会議員、県議会議員、市議会議員の皆様方には心より御礼申し上げます。

四国横断自動車道を含む高速ネットワークは、繋がってこそ最大限の効果を発揮するものであり、本市の発展の上で欠かせない基本のインフラです。
これまで高速道路の延伸によって現れ始めた様々な好影響を確かなものとし、地域の隅々まで波及させるためにも、四国8の字ネットワークをしっかりと繋いで次代に残すことが、私達の責務です。

今後は、大方四万十道路の新規事業化、また、窪川佐賀道路、佐賀大方道路の早期供用を目指し、できる限りの支援・協力を行うとともに、高速道路の延伸を見据えたまちづくりを進めて参ります。


          平成31年3月1日  四万十市長 中平 正宏
引用なし

  新規投稿 ┃ツリー表示 ┃一覧表示 ┃トピック表示 ┃検索 ┃設定 ┃過去ログ ┃ホーム  
54 / 2641 ツリー ←次へ | 前へ→
ページ:  ┃  記事番号:   
516705
(SS)C-BOARD v3.8 is Free