四万十市の最大の資源である四万十川。

日本最後の清流と呼ばれる「四万十川」を財産に生きてきた四万十市は、川と人との距離が近い暮らしが残されている地域であり、いままでも、これからも、川とともにいきるまちとして、川を守っていく大きな責任を担っています。



しまんと100年 40010日プロジェクト


[ 四万十市役所ホームページ ]